スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂歌団が似合う、というのはいいことなんだろうか

Category : 1970年代/音楽
昨日(6月25日)、地元で開催した音楽イベントに、バンドで出演しました。このイベントにこのバンドで出演するのは、6~7年ぶりくらいでしょうか、本当に久しぶりのことです。

susumunightのガッチョ


このバンド「G」は、憂歌団のコピーバンドで、本家憂歌団の解散直後の1998年に結成され、私は翌年メンバーになりました。

たしかその頃は、人生も後半になって思うに、何かやり残したことがあるような気がするゾ、何だろう、なんて自問していた時期で、思い当たったのが「ずっと日の当たらなかった人生。一度くらいは人前で演奏して注目を浴びてみたかった」ということでした。音楽の現場が好きで、自分たちで音楽イベントを運営したりしていましたが、専ら裏方スタッフとしてであり、楽器も弾けないに等しいし、すごいアガリ性だし、演奏者としてステージに立ったことはありませんでした。でも演奏するバンド連中を世話しながら、自分もアッチ側になれたらシヤワセやろなあ、と思っていたのですね。

そんな、なにか「悔いを残したままでは死ネナイ団塊世代老境生きがい探しドラマ」的な気分になっているとき、当時2人組だった「G」が、私たちの主催する音楽イベントに出演することになりました。そこで一大決心をして、一緒に演奏させてくれないかと頼んだのでした。

20代のころ、カセットデッキによる独り多重録音で憂歌団の曲を何曲か録音したことがあったので、練習すれば、それらの曲なら何とかやれるんじゃないか、思ったのですね。

選んだ曲は、ファーストアルバム『憂歌団』の1曲目「嫌んなった」と、セカンドアルバム『セコンドハンド』の1曲目「ハワイアンムード」でした。

憂歌団ファースト


憂歌団セコンドハンド


1975年の憂歌団の登場は、ほんと衝撃的でした。木村秀勝(後の充輝)の黒く重いけどコミカルな明るさも兼ね備えた圧倒的ボーカル。内田勘太郎のゴリゴリと荒削りなスライド・ギターやジャズっぽいコードワーク、一聴しただけで彼とわかる独特で超絶的なフレージング。花岡健治のずっしりとしたフォービートのウォーキングベース。島田和夫のドライブしたブラシさばき。もう、音ゴコロを鷲摑みされましたがな。

上記2枚のアルバムは、同時期に制作された、有山淳司&上田正樹の『ぼちぼちいこか』と並んで、私の中では不動で不滅の名盤です。捨て曲なしの全曲名曲なんです。
世間的には、ノヴェルティソング的な『おそうじオバチャン』が放送禁止となるなど少し話題を呼びましたが、その他の曲がまたいいんです。ブルースの世界への日本人的オマージュというか、まったくツイテない、モテない、カネない、サエない人たちについての歌ばかり。貧しい南部黒人の心境になりきりの沖てるお、尾関真による歌詞が冴えまくりです。

  ♪シカゴに来て 二年がたった
   だけどいい事ありゃしねエ
   メンフィスから汽車に乗って
   やって来たけれど
   他の奴らは うまいことやってるけど
   この俺だけが落ちぶれちゃった
   街のかたすみで 小さくなって
   ひとり暮らしてる
             (シカゴ・バウンド/尾関真)

  ♪こんな時にも あいつの事を思い出すなんて
   腹がへって 眠れねえのに 思い出すなんて
   俺の生涯 抱いた女は
   田舎に残した カカア一人
   たくわんみてえな 田舎の女
   カカア一人だけ
             (たくわん/沖てる夫)

んー、なんて浮かぶ瀬のない人生なんだ。もースゴク共感できますとも! 既に20歳代半ばでブルース的人生を歩み始めていた私は、憂歌団を聴いた途端、「これは俺のウタや」と思ったのでした。

それが、20数年後の憂歌団コピーバンド「G」につながるわけです。このバンドに参加したおかげで、メンバーを通して、あるいはライブの場で、様々な人と知り合い、世界を広げることができました。

でも、実はこのバンドで一つ引っ掛かっていることがあるのですね。それは私以外のメンバーが全員公務員だということなんです。バンドやるのにどんな仕事していようが勝手なんですが、憂歌団のブルースと公務員という安定した職業はあまり相性がよくないような気がしますヨ。手前味噌ながら、憂歌団の曲を私が歌うとブルージーで迫真力があると言われるがですよ、フフフ。そうであるとすれば、それはヒトエに、私の人生が(他のメンバーと比較して)ブルースに近い、というコトに拠っているんだと思います。安定した老後など自分にはあり得ない!という現実を噛みしめながら歌うと、自然にブルースが表現できちゃうんですぅー、ヤッホー! ………。


ところで、今回のテーマを決めた時、75年当時に自室で撮った自分のスナップ写真の背後に憂歌団のファーストアルバムが映っているのがあったことを思い出して、久しぶりにフォトアルバムを引っ張り出してきました。

そしたら!

憂歌団ジャケとオレ

なんと、ジャケットの絵柄が消えて「ホワイトアルバム」みたいになっているではあーりませんか(ここもチャーリー浜調で)。思わず、「仁-JIN-」(今夜最終回でした)かっ!「バック・ツー・ザ・フューチャー」かっ!とツッコミを入れてしまいました。このことはいったいナニを象徴しているのでせうか。憂歌団ブルース的人生を脱して、明るい老後が待っているというコトなのでしょうか。それはナイわな。

(映っている長髪の若者は、ホントに私ですってば。)




P.S. 昨日6月25日は、先月20日の日記でチラッとふれた、人類史上初のテレビ世界同時中継番組「アワ・ワールド」が44年前に放映された日でもありました。ビートルズが「愛こそはすべて」を歌うのを、世界中の推定3億5千万人が同時に見たそうです。私は寝てしまって見てないけど。あれは、こんな蒸し暑い夜だったんだな。アナログ放送の終焉を1ヵ月後に控え、感慨深いモンがありますね。

スポンサーサイト

Comment

若かりし頃

おじぃ…。

若かりし日の残影…。

そっかぁ…。そんな頃もあったのね…www

おお、鬼龍さん

拙ブログを御覧いただき、ありがとうございます。
この憂歌団のところにクイツイテくれるところが、鬼龍さんらしいですね。
(一回しかお会いしてないのですが)

では来月4日のステージを楽しみにしています。
宜しくお願いいたします。

こんにちは!

先日は、突然お声かけたのにも関わらず 懇意に付き合ってもらい感謝感激でするw
以前から… 気になるバンドやったんで 一回遭遇したかったんですわwww
バンドの皆様にもヨロシクお伝え下さいませ!!

それにしても、読み応えのあるブログ書いておりますね! お気に入り登録させてもらって
じっくりと、拝見させてもらいます!!

こんど何時か?ライブあるときにはお知らせ下さいませ!はせ参じまする。
先日の、帯屋町公園での模様、 YOUTUBEに うpしときましたw
http://www.youtube.com/watch?v=bD05LPca7Nw&feature=plcp

Facebookやっておりましたら? ぜひ!お友達になってやってくださいまし! ではまた!
非公開コメント

プロフィール

オジイ川端

Author:オジイ川端

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。