スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60年代の幻影を求めて横尾忠則展へ

Category : 1960年代/美術
一昨日、地元の美術館で開催中の横尾忠則展に行ってきました。

大型作品が多く、「画家」横尾忠則の世界が堪能できるなかなかの見ごたえがある展覧会でした。が、九分九厘ないだろうけど、ひょっとして、もしや、というわずかな期待は、やっぱりハズレました。それは、グラフィック・デザイナー時代、それも60年代のポスターなどを観られたらなあ、という期待でしたが、そういうコンセプトの横尾展ではなかったようで。

天井桟敷や状況劇場の演劇ポスターに代表される、禍々しく猥雑でキッチュな作品群で、まさに時代の寵児だった横尾忠則。70年前後の時代のニオイがプンプンと漂う、たとえば、こんなのが観たかったのですよ。

横尾忠則/腰巻お仙

横尾忠則/浅丘ルリ子裸体姿之図小

ワッ!『浅丘ルリ子裸体姿之図』ですね。ムカシ初めて見たときは、こんなの描いてイイノ?と驚きました。商業デザイン作品でしょうから、クライアントがいたはずですが、どこが依頼主だったのでしょう。それにしても、浅丘ルリ子さんですよ、「パンティの紐跡エロティシズム」はヤバクナイ?と純情な少年は思いましたよ。

70年前後はカウンターカルチャー隆盛の熱い時代で、古いものを引き摺りながらも、そこから何かが生まれようとしていて、何でもやってしまえ、みたいなゲリラ的雰囲気は漲っていたような気もします。「新宿で石を投げたらデザイナーの卵に当たる」と言われたほどのデザイナーブームだったんですが、それも横尾忠則の活躍があったからこそなんでしょうねえ。なんと言っても、この時代の横尾作品が最高。

今回の展覧会は、80年代にデザイナーから画家への転身宣言をして以降の作品で構成されており、以前の横尾ワールドも引き継いでいるものの、やはり落ち着いた上品な味わいとなっています。まあ、75歳という現在の年齢を考えれば当然と言えますが。

そう言えば、今年の春の叙勲で、横尾忠則さんと浅丘ルリ子さんは、仲良く旭日小綬章というを受章されたらしいですね。んー、時の流れというものを思い知らされます。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

オジイ川端

Author:オジイ川端

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。