スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤めだか」を読んで、地元の仲間をちょっとイトオシク思ったりして、気の迷いでした

Category : 未分類
朝から快晴。そして休日。世間では平日だけど。これからのスケジュールを考えると、できるのは今日しかない。何が?というと、前回書いた「ケニーの日」です。

日記にテキトーに書いたことだし、別に誰も気にしてないだろーけど、嘘を書いちゃイケナイ、なんてヘンに意識して、ヤラセではないのですが、日記に引き摺られたカタチで本日、たったひとりの「ケニーの日」開催。

朝から準備が始まります。
バイクにクーラーボックス積んで釣具屋さんで氷を買って、ビールを冷やして、自転車置き場を片づけて、アウトドア用のテーブルと椅子を設置。電源ケーブルを引き出して、音楽プレイヤーやパソコンが使えるようにして、ソラマメと柿の種を皿に盛り、本日聴く音源と、読む本を周りに配置して、とりあえず準備完了。これだけで汗だく。

ビール(風飲料)を、氷を入れたグラスに注ぎ、『レイジー・ベイビー・ケニー』をかけて、10:00頃スタート。
ああ、やっぱキモチええわあ。

立川談春/赤めだか_


今日の読み物は立川談春『赤めだか』。
3年前に出版されて、高い評価を得た自伝エッセイ。立川談志という革新的な落語家に惚れ抜いて弟子入りした著者が、葛藤の末独り立ち(真打ちになる)するまでのお話です。
立川談志という、破天荒かつ知的幼児的で破滅的でへんに常識的な、ようするにワケのわからん天才と、彼に魅かれ集まった若者たちを描いた物語です。
芸人という尋常でない世界の住人たちですから、みんな常軌を逸しています。自分もその中の一人であることを踏まえたうえで、彼らを容赦なく観察し、圧倒され、でもツッコミます。感性のあるレベルに線引きをして、ここに来れない奴は置いてゆくよ、というスピード感はあるものの、そうではない人たち、つまりついてこれない人たちへの気配りも行き届いていて、向上心に燃えたひとが読んでも、挫折したヘタレが読んでも共感できる内容になってます。

これを読むと、立川談志や談春みたいな人、その他のユニークな仲間など、身近にこんな人いるよネエと思い当たります。そして、クセモンばかりだけど、皆憎めない、こういう連中のことを六分の毒と四分の愛情をもってツッこむ身近な語り部も。AKB氏やTTS氏が、まさに『赤めだか』的語り部かなあと思うのですが、冷静に考えると単なる「ホゲ」という気もします。

途中昼寝を挟みながら、気がつけば夕刻。ビール1リットル、焼酎水割り5杯くらい飲んでいて、合間にポツポツ書いたこの文は、いつも以上にワケのわからない文章になっていいますね。。その間にケニー関連の音楽(キャシー&ケニー井上/VOYAGE TO PARADISE、夕焼け楽団/ハワイ・チャンプルーなど)も聴き尽くしてしまったので、『フジランチ』をかけてみたら、これが心地よいんですよ。


フジランチ


ん?フジランチ、誰それ、と思ったあなた、当然な反応です。それは愚息がTOKIOで作ったユニット&アルバム・タイトルなんですから。

Amazonで買えるよ。いいアルバムだよ。

親馬鹿と笑わば笑え。







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

オジイ川端

Author:オジイ川端

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。