スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックはストーンズとともに年老い、かつての少年も老年を迎え、でも……。

Category : 1960年代/音楽
昨日のジョギングのBGMはローリングストーンズでした。『ベガーズ・バンケット』、『レット・イット・ブリード』、『スティッキー・フィンガーズ』。1968年から71年、一時期の迷走を脱して腰が据わり、世界一のロックバンドへとのし上がっていく途上の大名盤三連発。

寒い朝に聴くストーンズはいい。ホットで粘っこくて。よく煮込まれたアツアツのシチューみたいに体を温めてくれます。そのぶん夏に聴くのはちょっと辛い。若い人なら暑い季節をより熱く楽しむのでしょうが、この歳になると少々モタレます。


19回目の神経衰弱/Rストーンズ

まったくモタレたりしなかった1966年、14歳の私が、初めて買ったストーンズのレコード。これを選んだのはビートルズのときと同じで、田舎の小さいレコード屋さんではその時点での最新シングルしか手に入りにくかった、という理由だったと思います。

聴いたときの第一印象は、きれいにまとまった曲で、ビートルズより温和しめのバンドという感じ。まだ『サティスファクション』も『一人ぼっちの世界』も聴いていなかったので。いま聴くと、クリアーなギターリフや軽快なリズムが、ビートルズの『アイ・フィール・ファイン』にモロ影響された曲と感じられます。その『アイ・フィール・ファイン』は、ビーチ・ボーイズなどアメリカ西海岸バンドの音作りから学ぶところ大だったと思われ、それが次にバーズなどのウェストコーストのバンドにフィードバックしたりと相互影響しながら、後の西海岸主導のムーブメント「サマー・オブ・ラブ」へと繋がっていったのだと思います。

『19回目の神経衰弱』はそういう流れにある曲なので、先行曲の『サティスファクション』などよりカラッとした軽快感があるんじゃないかなーと愚考します、歌詞は別として。え、的はずれ?

この曲を入口として、前記の『サティスファクション』などに遡りつつ、リアルタイムの『黒く塗れ』などを聴いていくと、最初の印象とは違い、荒々しく不良っぽいバンド像となってきたんですね。若者の不満や苛立ちをテーマにした「元祖パンク」的な世界というのでしょうか。まあ、田舎の呑気な中学生にはさほど理解できませんでしたが。

判官贔屓的性格から、ビートルズよりはストーンズが好きでしたが、その後のストーンズは、まるで阪神タイガースのようにファンをハラハラ、ガッカリさせ続けます。1967年の「サマー・オブ・ラブ」から派生したフラワー・ムーブメントやサイケデリックムーブメントに追従して、というかこれら時代最先端の動きを敏感に取り入れ先頭を切る名曲を連発していたビートルズの真似をして、『この世界に愛を』『ダンデライオン』『シーズ・ア・レインボウ』『ランターン』などを発表しますが、まあこれがいわゆる「スカ」の連続なんですね。誰が聴いてもつまらないぞ、らしくないぞ、ということで人気も急降下、ビートルズにすっかり水をあけられてしまいます。時代がキャラと合っていなかったのでしょう。ストーンズが「髪に花を飾って」も(フラワームーブメントの代表曲『花のサンフランシスコ』の歌詞より)似合いませんもん。

「サマー・オブ・ラブ」のブームが短命で終わったことでストーンズの目が覚めたのか、1968年には、ブルースを根幹に据えたストレートなロックに回帰し、『悪魔を憐れむ歌』『ストリートファイティングマン』を含む名アルバム『ベガーズ・バンケット』を制作します。同時期にシングル『ジャンピング・ジャック・フラッシュ』を大ヒットさせ、ストーンズは復活します。

実は、私は『ジャンピング・ジャック・フラッシュ』は買って聴き、久しぶりの良い曲だとは思ったものの、フラワー・サイケ期でストーンズに対する興味を失っていたため、以後二十数年間彼らのレコードを買うことはありませんでした。つまり彼らの全盛期が始まろうとしたときに私は聴くのをやめたのです。

以前書いたように、高校生時代までに集めたレコードをほとんど処分したこともあり、私の興味は、アメリカの新しいロック、特にニール・ヤングやクロスビー・スティルス・アンド・ナッシュ、ポコなどのウェストコースト系バンドに向かいました。そしてジェームス・テーラーやジャクソン・ブラウンなどアコースティックなシンガー・ソングライター。さらに70年代半ばにはイーグルス。彼等の繊細で叙情的しかも社会性も併せ持つ音楽は、その後永らく私を支配し続けたような気がします。そのせいで70年代音楽については、残念なことにウエスト・コースト系以外あまり知りません。

まあ、私に忘れられても、ストーンズは痛くもかゆくもないわけで、ロックの帝王としてその後も君臨し続けるのでした。

私は、狭義のロックは60年代半ばから始まったとする立場で、ボブ・ディランらと並んでビートルズやストーンズがその創始者だと思っています。当時、彼らの中で最年長のディランやジョン・レノンでさえ25歳、つまりまだ歴史というものがないロックには若者しかいなかったのです。中年のロッカーなんて想像しにくかったし、ましてやロックをやる老人なんて!

I hope I die before I get old. Talking about my generation
歳とる前に死にたいぜ 俺たちの世代のことについて話そうや
                                     (ザ・フー『マイ・ジェネレーション』)

なんて、イキガッテみせることができたのです。ところが時は流れて………ジジイになってもロックやってる!歳とる前に死にたいと言ってた(歌の中ですが)フーのピート・タウンゼントも、しっかり長生きしていまだにステージに立っているし、御大ストーンズはもちろんバリバリの現役バンド。ほんの数年前にもライブを記録した映画が公開されました。その中では、65歳を過ぎたミック・ジャガーが歌い踊りながらステージ中を駆け回っています。

何なんだろうこれは。若い頃に、ミックが70になってもロックやってたら笑えるねえ、と冗談みたいに想像したことが現実になっている。そして14歳の頃には絶対想像できなかった自分の60歳が、あと10日でやってくる。遠いところにあると思っていたものが、実は近くにあったんだという感覚。んー。


還暦を目前にして少し感傷的になりました。オレは何を書きたかったのかな。ここんとこ全然話が整いません。えっ、ずっと? じいさんになってもロックが楽しめるなんて幸せだねえ、ということで今日は失礼します。

たぶん本年最後のブログになると思いますので、ご挨拶。

ご愛読下さったごく少数の皆様、よいお年を。

来年も暇があったらお読みください。








スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

オジイ川端

Author:オジイ川端

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。