スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日は昇り日は沈み、クロディーヌおねえさまは……。

Category : 1960年代/音楽
前回に続き、ストーンズ関連というか、ストーンズきっかけネタです。

年末にローリング・ストーンズ『女たち(デラックス・エディション)』を買いました。前々回書いたように、私は成人してからはストーンズをほとんど聴いていなかったくらいで、熱心なファンではありませんから、買うならオリジナル・バージョンで十分なのですが、未発表発掘音源が多数収録されたデラックス・エディションを買ってしまったのは、この「オマケ」のなかに気になる曲が含まれていたからです。

その曲は『クロディーヌ』。私が少年期の愛聴曲『サンライズ・サンセット』の歌手であるクロディーヌ・ロンジェのことを歌った曲です。

クロディーヌ・ロンジェ

ロックではないし全米チャートの上位に入ったわけではないこのレコードを、なんで買ったのかさっぱり思い出せませんが、買ってからはけっこう繰り返し聴きました。考えてみると、私は「時は過ぎ、幼かった子どもが、はや大人になった、人生、感ありだなあ」みたいなテーマが好きなようです。『ケセラセラ』とか『サークルゲーム』の歌詞が妙に気に入っていますし、このブログのテーマも、まあそのようなもんともいえます。

  ♪抱っこしていた小さな娘
   遊び回っていた小さな少年

   いつのまに彼女は美しくなった?
   いつのまに彼はこんなに背が高くなった?

   日は昇り、日は沈み
   年月は速く飛び去ってゆく
   季節は巡る
   幸せと涙をのせて

こんな感じの歌詞。1964年に初演のブロードウェイ・ミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』の挿入歌だそうですから、クロディーヌ・ロンジェのバージョンは、今ではスタンダード化したこの曲のかなり早い時期のカバーということになります。
ジャケットのポーズからも想像できるようにクロディーヌは、ブリッ子風というか清純派というか、歌い方も「ささやき声(ウィスパ^・ヴォイス)」で、私は知らなかったのですが「ウィスパー・ヴォイスの女王」と呼ばれていたそうです。少年は、オネエサマに耳元で囁かれるのにヨワイんです。


月日は流れ、クロディーヌ・ロンジェのことも何十年も忘れていましたが、昨年末『女たち』を特集した雑誌を読んでいたら、ストーンズが彼女のことを歌った曲が収録されている、と書いてあるじゃありませんか。そして、そこには後のクロディーヌについての衝撃の事実が……。

ストーンズの歌は--

  ♪クロディーヌは刑務所へ逆戻り
   週末になるとしでかす クロディーヌ

   彼女は彼を撃った
   頭に一発 胸に一発
   判事の裁定は事故だった
   事故なら仕方ない そうだよな クロディーヌ

1978年に恋人を撃ち殺したクロディーヌのことを歌ったロケンロールなのでした。

彼女は、彼氏に銃の扱いを教えてもらっている最中に起こった暴発事故だったと主張しました。しかし、銃はかなり離れた距離から2発撃たれており、暴発とは考えにくい状況だったそうです。しかし、そこは陪審員制度の国アメリカです。敏腕弁護士が陪審員の同情を引くあの手この手を使い、みごと禁固ン十日という温情判決を引き出しました。素晴らしい。かの国ではこんなことがよくありますよねえ。劇場型法廷では彼女が好感度の高い国民的大歌手アンディ・ウィリアムスの元妻で、清楚な雰囲気の美人だったことが大いなる利点となったのは間違いないでしょう。その後、彼女は地獄の一歩手前で救い出してくれた敏腕弁護士と結婚し、幸せに(かどうか知りませんが)暮らしているそうです……。


まさにサンライズ・サンセット。月日は巡り、ささやき声のオネエサマも殺人(いや過失致死)者になりました、という強烈なオチ。

ほんと、数週間前に知ったキツイ事実でした。





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:オジイ川端

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。