スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川本三郎は、わがポンコツ・ヒーロー

Category : 心のほとんどは60年代と70年代でできている
映画『マイ・バック・ページ』のレンタルDVDが、準新作扱いとなるのを待って借りてきました。


マイバックページdvd


川本三郎の原作本は十数年前に買っていたのですが、あまりにも内容に関する記憶がないところからすると、ひょっとしたら読まずに本棚へ直行させたのかもしれません。そのおかげで(?)、へんな先入観もなく素直に映画を鑑賞することができました。
映画を観た後に原作を読み返してみたのですが、2時間前後という時間内で完結しなければならない映画の制約を考えると、枝葉のエピソードをカットし原作の最重要部分にほぼ絞った映画の内容は、正解というか仕方のないところで、その点でよくできた脚本だということがわかりました。キャストも妻夫木聡、松山ケンイチの大物若手実力派は看板に偽りなしの演技ですし、古舘寛治、山内圭哉ら、不勉強でこれまで知らなかった劇団系のバイプレイヤーが存在感溢れてて実にいいですねえ。エンディングロールに流れる真心ブラザーズ&奥田民生の主題歌もグッときました。

でも、個人的に胸に迫ってくるものの質量が圧倒的に大きいのは、やはり原作の『マイ・バック・ページ』。


マイバックページ文庫本


(写真は1993年刊の河出文庫版。同作は1988年刊の親本ともども長らく絶版になっていましたが、今回の映画化を機に平凡社から復刻されました。)


69年に朝日新聞社に就職してから71年に同社を解雇されるまでの、若き日の著者の熱く切ない3年間を描いた自伝です。

当時の日本は、幕末以来最大規模といってよい若者による政治闘争の時代でした。同書の記述から主なものを掲げると「佐藤訪ベトナム阻止羽田闘争」「国際反戦デーの新宿騒乱」「東大安田講堂事件」「沖縄反戦デー」「佐藤訪米阻止闘争」「三里塚強制代執行阻止闘争」など。これらは、いわゆる「反体制」を旗印に、学生を中心とした若者が大集結して直接行動にでたものでした。これらに対し体制側は大量の機動隊を配備し、両者は暴力を伴う衝突を繰り返しました。学生に死者が出たことなどから双方の暴力がエスカレートしていき、東京近辺はちょっとした内乱状態を呈していました。とはいっても闘争に積極的で直接行動を起こしたのは若者全体からみればごくわずかで、当然のことながら大多数の若者は行動に踏み出すことはなく普通の生活の中にありました。そして、この「傍観者」であることに後ろめたさを覚え、社会と自己の関係に悩む心ある若者もまたそこらへんに普通にごろごろいた時代でした。

著者は、そうした良心的な若者のまさに典型で、ジャーナリストとなった当初から「見ているだけ」の自分に苦しみ、常に後ろめたさを背負いながら時代を生きた人でした。その「負い目」が判断を誤らせ、間接的に殺人事件に関わることになり、有罪判決を受けて、新聞社を解雇されることになります。

この事件は当然『マイ・バック・ページ』の中心テーマとなっていて、事件後十数年を経て初めてこの事件を詳細に記すことになった著者の文章は痛みと苦渋に満ちています。それは引き受けなければならない痛みであり、川本氏は過去を美化したり責任転嫁する陥穽にはまることなく誠実に書ききっていると思います。

それは胸を打つことではありますが、私にとってこの本を興味あるものにさせているのは、事件前に彼がであったさまざまな人々、映画や音楽を始めとする当時の文化、なかでもサブカルチャーの雰囲気が横溢した中央線沿線での生活と、それらを感じ取る著者の感性です。保倉幸恵、鈴木いづみ、シバ、永島慎二、赤瀬川源平、取材でであった若者、戦傷者。ここでも彼等に対する親しみ、負い目などを抱えながら、感傷的な視線で回想します。それがダメなところと自己評価もしていますが、まさにその弱者の視点、感傷的なところに共感してしまうのです。私もまた、あの時代の多くの川本三郎の一人だと感じるのです。彼よりはずっと底辺にいましたが(彼が朝日ジャーナル記者のとき私はそれを配る新聞店員でしたから)。


最初に読んだ川本三郎の著書は『朝日のようにさわやかに―映画ランダムノート―』でした。

朝日のようにさわやかに文庫本


その本の出だしはこうです。
「暗い映画館の隅っこでスクリーンの中の女優を見つめていると、それが冴えない女優であればあるほど心ときめいてくる。一流どころよりも、ほんのちょっとしか出番がなかったり、映画が始まってわずかなうちにあっけなく殺されたり、あるいはまた、いつもいつも汚ない格好で登場したり、男に決まって裏切られたり、そんな女優に心惹かれ続け、自分ではひそかに彼女たちを〝ポンコツ・ヒロイン〟と呼んでただひとり熱愛している」。
さらに、敗者のヒーロー、B級映画のチンピラなどへの偏愛を語るひねくれた映画批評集です。
極めつけは「シネマ裏通り」という章に綴られるピンク映画女優たちへのオマージュです。都会の片隅のポンコツ映画館で日陰の女優たちによって演じられるパートカラーの密やかな性の供宴。この本を読んだ時から、なんとなく私は、こんな日の当たらない冴えない映画に惹かれる、どこか心に傷を負ったようなセンチメンタルな川本三郎のファンになりました。

そのときは気づきませんでしたが、この本は、朝日新聞社解雇後、フリーライターとなった著者が、前科持ちのため仕事に恵まれず、永らく苦労した末にようやく出版した記念すべき第一作品集だったのです。敗者へのシンパシーもむべなるかな、です。

川本氏が解雇されず記者を続けていたら、どんな文章を書いただろうか。敗者やサブカルチャー的なるものへの優しい視点は保っているだろうが、なんというか湿り気を帯びて背中を丸めたような独特の親しみのある文章にはなっていないだろうという気がします。

そういう点では、彼がクビになってこちら側に来てくれたのはいいことです。

川本三郎を勝手にポンコツ世界へ歓迎したところで、本日は失礼します。ちなみに私が好きだったシネマ裏通りのヒロインは、川本氏には取り上げられてませんでしたが、「ワキ毛の女王」こと二条朱美でしたよー。



スポンサーサイト

Comment

No title

マイバックページ、初版の原本読みました。安保闘争時代には僕は中学三年とゆうことで、いわゆる遅れてきた世代です。でもその後氾濫してくるカウンタ-カルチャ-の大波にどっぷりはまった青春でした。幸か不幸か学生運動経験のある先輩たちが、この田舎には何人かいて、デイランやジャズを聴きながら当時の雰囲気だけは、変な憧れと一緒にレクチャ-された思い出があります。本編のラストシ-ンに流れる真心ブラザ-ズのマイバックペ-ジには、涙でした。まったく同じアレンジでデイラン出演の映画のマスク アンド アノニマスの冒頭にも奥田民雄ぬきの、この曲が爆音でオ-プニングを飾ります。デイラン本人が由一認めた、この映画の中の日本人ミュ-ジシャン、真心ブラザ-ズ!!!痛快です。DVDお貸しします。今年はラララ出ます。よろしく。
非公開コメント

プロフィール

オジイ川端

Author:オジイ川端

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。