スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイハツ三輪は霧の8マイル彼方からやってきた

Category : 1960年代/音楽
先日、ほんとうに久しぶりに、夕刻のジョギングをしました。平日に仕事を終えてから走るのは、2年ぶりぐらいになるでしょうか。ウォークマンで60年代ロックを聴きながら、夕陽に染まる川沿いの土手をゆっくり走っていたら、またここに戻ってくることができたなあ、みたいなシミジミとしたモノを覚えました。このブログを始めたこともそのあらわれですが、アイデンティティの回復といえば大げさでしょうが、この何年かでほつれたところが少しずつ修繕され、気力が戻りつつあることが感じられたからです。まあ、いろいろあったのよ、私なりに。

そんな感慨に耽ったりしながら、橋のたもとにある道の駅の前を通りかかったときでした。このブログのテーマの一つである「昭和」そのままの車が、スーッと駐車場に入っていったのでした。

ダイハツ三輪トラックCM型

それは、昭和37年-47年(1962-1972)にかけて生産されていた、ダイハツの三輪トラックでした(写真は、同型車のカタログ写真。「昭和30年代の車」というサイトから転載させていただきました)。
50年前からタイムスリップしてきたかのようなトラックが、引越し荷物のようなもんを積んで、フツーに道の駅に入っていったので、「おお、スゲー!」と思わず声に出して、後を追いかけ、降りてきた意外と若いドライバーに話しかけてしまいました。

「ものすごく懐かしいクルマですねえ。ふだんから乗ってるんですか」
「まあちょくちょく、たくさん荷物を運びたいときなんかに」
「ふつうに乗ってるんですか」
「いや、けっこう大事に乗ってますけど」
「ああ、そりゃそうですよねえ」
などと、マヌケな質問をしましたね。

つまりですねえ、これほど昔のクルマにはクラシックカー・イベントとか博物館の展示でしかお目にかかれないのに、現役の実用車的に荷物などを運んでいたので、そこらあたりを聞いてみたかったのですよ。
このダイハツの三輪、小学生の頃けっこうファンでした。マツダにも同クラスの三輪がありましたけど、私はこっちがずっと好きでした。ちなみにマツダは、こんなのでした。

マツダ三輪トラック

改めて見ると、マツダ車もタヌキみたいなルックスで愛嬌があってイイですねえ。このマツダ車もダイハツ車も呼び名は単なる「三輪トラック」で、現在の「ハイゼット」とか「タイタン」のような愛称がありません。「俺たち現場のクルマにゃチャラチャラした愛称なんざイラネエやい!」みたいな気風の、いかにも質実剛健なヤツラです。
思い出してみると乗用車よりトラックやバスなど「働くクルマ」のほうが好きだったような気がします。コドモはみんなその傾向があるかな。

そのダイハツ三輪トラック、荷台のロープのかかり具合を点検するために停車しただけらしく、ちょっと確かめて、さっさと走り去ってしまいました。

その時、Walkmanでかかっていた音楽が、ザ・バーズの「霧の8マイル」。

バーズ/霧の8マイル

(ジャケット写真は「サイケおやじ」さんという方のブログから無断拝借です。この方のジャケ写は質がよいので、これまでもこれからも、です。すんません)

1966年の作品。前年まで青春歌謡に酔っていた私も、この頃になると『ミュージック・ライフ』や『ティーン・ビート』などの音楽雑誌を貪り読むようになり、そこに載っている全米チャートを見てはレコードを買うという洋楽カブレとなっていました。たとえば、66年3月5日のビルボード・トップ10で数えてみると、そのうち6曲のレコードを買っていますから、その当時のハマリぶりが伺われます。

この『霧の8マイル』は、サイケデリック・ロック、トリップ・ソングのハシリともいわれ、LSDなどの麻薬による幻覚状態を表現したものではないかと物議をかもしたそうです。全篇コーラスの歌と、当時は斬新でコルトレーンのアドリブっぽいといわれた、ジム・マッグィーン(後のロジャー・マッギン)の12弦エレクトリックギターのプレイが、やたらとカッコ良いと思えた曲です。

麻薬はもちろん酒さえも飲んだことのない14歳の私にどれくらい理解できていたのかわかりません。当時の日本は昭和元禄といわれ、平和と高度成長の真っ只中で、みんな浮かれていました。でも、なんかおかしいぞ。アメリカはいまでも戦争しているらしい。その証拠に大ヒットしているのは『悲しき戦場』、軍隊の特殊工作部隊のことを讃えた歌や。それと同時に戦争に反対する歌もたくさんある。アメリカは、どうなっちゅうがやろ。なんて疑問は頭に浮かばす、『悲しき戦場』も『霧の8マイル』も、カッコ良い洋楽として、ただボーッと聴いていました。

あれから45年。なんか人生ひと巡りしてきてけど、自分にとってさまざまなことがまだ霧の8マイルの彼方にあります。馬齢を重ねるって言葉がピッタリ。そうか、還暦っていうのはこのことに気づく節目の年齢だったのかって、ちがうやろ。




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

オジイ川端

Author:オジイ川端

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。